まくらと私と高反発と

2年前に何となくまくらが合わないと思い、新しいまくらを探していました。

今まで使っていたのは、使用して20年以上経った「そばがら」のまくらで、手で触ると「じゃりじゃり」と音はしますが、愛着のあるまくらでした。

自分に合う枕を探すのはとても大変なことだと、子供の頃から思っていました。
私が子供の頃は、そば殻か綿のまくらしか選択の余地がなかったので、私はそば殻の枕を選んでいました。

高めの枕が好きだったので、家でそば殻を多めに入れた枕を作ってもらい、中学生までは、その枕で寝ていました。
ですが、成長と共に、その枕が頭に合わなくなってしまい、それから自分に合う枕を探す旅が始まりました。
私の場合、首がストレートネックなので、なかなか合う枕が見つからず、本当に苦労しました。
そば殻の後は、パイプの切ったものが入った枕を使用していましたが、これは割と合っていたようで、社会人になるまでは、そのタイプの枕で大丈夫でした。

ですが、社会人になって、仕事が忙しくなり、肩こりや頭痛が慢性的になってきたので、整体に行ったら、枕を変えて見たほうが良いのでは?とアドバイスされました。

その頃は、枕もたくさんの素材のものが出ていたので、デパートに行って、メデイカル枕を購入しました。
この枕は、今までの枕人生で、一番私に合っていました。
さすが、メデイカルだな、と感心したものです。

でも昨年、ふと自宅近くの大型量販店に行き、何気に寝具専門店を覗いたところ、「あなたのまくらは合っていますか?」のキャッチコピーを挙げた体験コーナーを見て、自分のまくらは自分に合っているのか知りたくて、体験してみることにしました。

仰向けになった時の首と腰の関係や横に寝がえりをうった時の首と背骨の関係など、様々なサイズを測り、数分後、自分に合ったまくらが出来上がりました。

早速購入してみようとして値段を見るとちょっと手が出ない数字でした。
しかし、このまくらにより近い作りになっている、お手頃価格のまくらもあり、結局、お手頃価格のまくらを購入することにしました。

その後、このまくらを使って快適な睡眠をとっていたのですが、最近、買った時のような使用感がだんだん薄れて行っているように感じてきていました。

ただ、新規に購入するまでには、至っておらず、現在は、まくらの高さを変えてみたり、まくらの幅を変えてみたりして、安眠できるまくらになるよう、色々試しています。

やはり基本的に高めの枕が好みなので現在の枕は三つ程、重ねています。

硬さはあまり柔らかくない物が好みであり、ホテルなどで使用されている枕などではあまり落ち着きません。家では硬めの枕を二つ、その上に少し柔らかめの枕を重ねています。

硬すぎる枕でも落ち着かないのです。

また、布団ではなく、ベッドが好みです。

マットレスのスプリングは硬めの物が良く、現在使用しているベッドは私の体に程良くフィットしていてとても寝心地が良く満足しています。

布団でも眠れないことはないのですが、高反発力があるベッドの方が私には向いています。最近調べて発見したモットンという高反発マットレスも口コミ評価は凄い良いらしいですね。

もしも布団で眠らなければならないことがあれば、布団を二枚程重ねるなど何らかの対策は取りたいと思います。

そして寝具はできるだけ柔らかい物が良いと思っていますので、新たに選ぶ基準としては手触りを重視しています。季節によってはその機能性も合わせて重視します。

例えば夏なら汗を吸収し蒸発させるといった機能、冬は吸収した汗が熱に変換されるといった機能です。

機能性が重要なので柄はその次になりますが、視覚からも良好な睡眠を得る為にもそちらも合わせて気に入る物があればと思っています。

良質な睡眠を得る為に価格重視ではなく、機能性をより重視しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です